カーテンの選び方:無印、ニトリ、IKEAに向いている部屋

IKEA

カーテンの重要な役割

今のカーテン、気に入っていますか?
部屋の印象を決定づけるのは視界に入る面積に比例すると言われています。
つまり部屋のイメージは天井、床、壁、そしてカーテンによって決定されます。このうち天井や壁は気軽に張り替えられません。フローリングも張り替えるのは大変ですが、ラグを敷くことでアクセントにはなります。しかし全面に敷くとなると大変で、部屋の一部に敷く場合はあまり大きなラグを敷くと逆に部屋が手狭に見えます。
この中で最も気軽に、かつ安く、そして効果的に部屋の印象を変える事ができるものがカーテンになります。
部屋をおしゃれにしたい、おちつく部屋にしたい、といった時についつい家具や配置に目が行きがちなのですが、まずはカーテンを変える事をおすすめします。

カーテンの機能について

カーテンには様々な機能を持つ高機能カーテンがあります。例としては遮光、防炎、遮熱、防音、抗菌、UVカットなどが代表的です。多くの機能が入っているほど高価ですが、高価だからいいというわけではありません。たとえば寝室に遮光カーテンを選ぶと朝の自然な光で目を覚ます事が難しくなりますが、夜勤などで昼間に寝室を使いたい人には必須の機能となります。また遮熱に関しては窓の内側にどれだけ性能の良いカーテンを吊るすより、窓の外にすだれを立て掛けたり、ゴーヤや朝顔で緑のカーテンを作った方がずっと効果があります。そのためベランダのない窓から入る西日を避ける、といったように窓の外に何もかけられない時に使うようにしたいところです。

素材

木綿や化繊のものが多いですが、ウールやリネン素材のものも出ています。素材独特の風合いは美しいのですが、洗濯機で洗えるかどうかの確認はした方がいいでしょう。カーテンは意外とホコリがたまったり、あるいは結露した窓に触れて濡れたりしますので、できれば汚れが目立たないうちに、あるいはせめて汚れが目立ってきたら洗う必要があります。

ポリエステル

カーテンの半分はポリエステルである事からも非常に人気の素材です。洗いやすくしわになりにくい欠点はありますが、吸湿性が悪いのと毛玉ができやすいのはデメリットです。

コットン

保温性が高く、肌触りは抜群です。通気性も良いのですが、しわになりやすいのと洗濯で数パーセント縮む事があるのがデメリットです。ただ熱にも強いので遠慮なくアイロンがけできるのでしわはそれほど気になりません。

リネン

ナチュララルな風合いが楽しめる一方、家では洗いえない製品もあります。またしわが寄りやすいので、しわを前提として楽しむコーディネートが必要になります。涼やかさはありますが、保温性は低いので冬場に使うならもう一枚断熱性の裏地を吊るした方がいいでしょう。イメージとしてレースカーテンと厚地のポリエステルカーテンの間くらいの厚さ、触感、透過性です。

デニム

デニムをカーテン?と驚く方もおりますが、何と言っても質実剛健なデニムはインダストリアルデザインとの相性が抜群です。鉄骨を生かしたリノベマンションや暗めの壁紙、メタルラックのあるインテリアコーディネートにお勧めです。また漂白した白のデニムカーテンはまた違った印象でシンプルとナチュラルの間くらいの部屋にマッチします。

メーカー

無印良品

ナチュラルテイストの部屋を目指すならここ。
生成りからブラウン系の色が非常に充実しており、お家芸のリネン素材も展開。またフラットカーテン(ひだのないカーテン、イメージとしては風呂場のシャワーカーテンが近い)を出しており、ひだを作らない事で使う布も少なくなり環境負荷が小さい。
既製品は安いけれど、2m以上の丈を注文すると普通のカーテンでも15000円くらい、機能性カーテンになると3万円くらいするのがデメリット。

ニトリ

色やデザインは豊富。全体的にパステルカラーだったり、ちょっとポップよりなカーテンが多いが、落ち着いた色のカーテンも幅広く取り揃えている。特に子供部屋向けのかわいいカーテンの充実度は他社に抜きん出ている。学習用机にも力入れているあたり、ニトリの主要な客層は子育て世代か?既製品のカーテンの場合、無印と同じかちょっと高め、オーダーカーテンは無印と同じくらい(20000円弱)

IKEA

意外と個性は少ないが、どんな部屋にも合う優等生。サイズも大きいから天井の高い部屋でも寸足らずにならない。この高品質をこの価格(5000円前後)なのはさすがIKEA。デメリットとして、丈上げやフックをはめるのをDIYする必要がありますが、アイロンだけで裾上げできるテープも売ってます。普段アイロンを触らない私でも小一時間あればできました。北欧テイストとシンプルモダンな部屋を目指すならIKEA。

家具屋のカーテン、カーテン専門店

とにかく高い。あと中高年のおばさまを主要な客層にしているのか、というデザインが多いが、その気になって探せば豊臣秀吉が好きそうなまばゆいゴールデンなカーテンなどもあり、あらゆる需要に答えてくれる。無地よりも柄物が多い。カーテンにもお金をかけたい中高年女性もしくは黄金の茶室を作りたい戦国大名におすすめ。

まとめ

カーテンは視界に入る面積が広く、部屋のイメージを一変させます。目指す部屋のイメージを決めてから、下記の表にあるブランドを選んで模様替えしましょう。

無印良品 ナチュラル、カントリー
ニトリ  ポップ、子供部屋、子育て世帯
IKEA   北欧、シンプルモダン、天井の高い部屋
専門店  黄金の茶室、中高年

コメント

タイトルとURLをコピーしました